HOMEスタッフブログ > ぎっくり腰(魔女の一撃)治療編
犬

ぎっくり腰(魔女の一撃)治療編

こんにちは。営業の宇井です。

前回ぎっくり腰の初日編でぎっくり腰になるまでの経緯をお話いたしましたが、

今回は治療のお話をしたいと思います。

 

一件目に行った医者でもらった痛み止めが全然利かず、寝たきりに近い状態が続きましたので、

もう一度その医者へ行って注射を打ってもらおうと思った矢先に、「どこどこの接骨院行くと一発で治るよ」と

ある人に教えてもらい、急遽そちらに行くことにしました。そこでは、指圧をして治療するとのことでした。

しかし、ぎっくり腰の場合は安静にしているのが一番で、変に触らないほうが良いと

周りから教えられていたので、少し不安でしたが、早く直したかったので賭けてみました。

 


大失敗(^_^)v

 

むしろ悪化しました...(~_~)

 

今思うとこれがなければ3日後には良くなっていたのだろうと思います。

 

そしてここから、激痛の日々が到来しました。

ある一定の動きをしたときに走る超激痛に耐えながらの生活は本当に最悪でした。

姿勢が安定しないので、まともにご飯も食べれません。くしゃみも激痛!もう恐怖でしかありませんでした。

そして、基本的には休むようにして、少しづつ痛みも減り、回復の目処がたってきた頃、

これは動けるぞと思い、安静にするのを怠ってしまい、調子にのり動いていたところ、

 


失敗(^_^)v

 

初期の症状に戻りました... 治りかけが肝心でした...(~_~)

 

負の連鎖に陥りました。そこでとうとう切り札を使うことに決めました。

そこは、ヘルニア持ちの知り合いから以前から勧められていたところで、

医者なのですが、針と電気を使い治療することで有名で、かなり評判もいい医者です。

針と電気ということで少し怖かったのですが、治療後すぐの段階で、見違えるように良くなりました。

もちろん少しずつまた痛みがきましたが、あきらかに今までより順調に回復していることが実感できました。


ぎっくり腰に限らずですが、的確な治療をしないとひどい目に遭うことを身にしみて感じました。

皆様もお体には十分お気をつけくださいませ!!!m(__)m