HOME > 社長ブログ
犬

社長ブログ

お陰さまで新社屋完成一周年記念「夢まつり」

テーマ:社長ブログ
1d108034b5b76a8a6c3402730197093e
お陰さまで、弊社の新社屋が完成してから、無事一年が過ぎ、本日と明日は「夢祭り」と題して、地域の皆様や天童市の皆様をお迎えして、お祭りを開催しています。
あっという間の一年でしたが、泣き笑いで色々な事がありました。
でも、つまづいても転んでも前に進みさえすれば、目的地に早くたどり着けると信じ、転んでもすぐに立ち上がり、歩きながら転んだ原因を追究し、走りながら手当てして進んできた一年でした。この頃は少しづつ気持ちにも余裕が出てきました。
二年目からは本領発揮です。暖機運転していた初年度の分までガンガン行きます。
95e8de23713363eb439bb4b98f2b2b03
ヨットマンの会社らしく、祝い事には国際信号旗を全て揚げて、満艦飾です。子供さんたちのインスタ映えする写真を撮ってい頂こうと、徳良湖ヨット倶楽部から、子供用のヨットやカナディアンカヌーを持ってきました。あわよくば、ジュニアヨット教室やB&Gの宣伝と教室生も一本釣り!!
d1c6134266d460d19924cfcc6c715f0d
毎日、日の丸を掲揚しているので、あの会社は右翼か?などと言われているらしいですが、とんでもない!!山形県セーリング連盟の副会長を務めるジェントルマンが社長の会社です。
61c802c8efeae8ba200f5f8703f43313
焼きそばやらどんどん焼き、カキ氷などなど食べ物も縁日風、ヨーヨー釣りやスーパーボウルすくい、トイレトペーパー積みなど面白イベントも満載です。お近くの皆様是非、遊びに来て下さいね。

巡礼

テーマ:社長ブログ
794e3d901e7b5dfab49653a6d490a5182
山形県には霊場と言われるところが、置賜、最上、庄内と三箇所あります。
それぞれ観音様を祀っているお寺を順に回るというのが巡礼、あるいは札打ちといわれるものです。
こういう巡礼などと聞くとお年寄りの宗教行事かと思ってました。
しかし、私も今年で還暦でもありますし、そろそろ万病発症のお年頃でもあります。

死後、地獄へ落ちるよりは極楽浄土で綺麗な天女に囲まれて過ごしたいもの。
このミッションをクリアすればと思い立ち、ネットで色々と調べてみました。そうしたところ、効率的に回るには専門のドライバーが一緒に行ってくれるツアーに参加するのがベストとということが分かりました。

ということで、今年、御開帳の庄内三十三観音を巡るべく、家内とともにY旅行社の一拍二日弾丸巡礼ツアーに参加してきました。
二日間で回りに回って首番、番外のお寺を入れて三十五寺を一気に回り、ミッション・コンプリーテッド。
どうにかすべてのお寺のご朱印を頂き、結願証を頂戴しました。
ただ、短時間で回ったので、どれがどのお寺さんだったのかがよく思い出せないのが玉に瑕。

幸い私は毎朝のお勤めが功を奏し、般若心経を読み、真言を唱えることができましたので、ツアー参加者の中では一番観音様にお近づきできたのではないかと自負しています。
観音菩薩は人々の苦しみを聞き届け、救いを与えて下さると言われます。
私も沢山沢山の苦しみを抱えています。きっとお救い下さると期待せずにはおられません。
もっとも、日ごろの精進が大切なのでしょうけど・・・。









<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。


お礼状

テーマ:社長ブログ
ec077696aed1635889cb136cad92dbfe1
この年になると、結婚式のご招待よりは、葬儀のご通知が多くなりました。
幸い、仲間内や知人の葬儀はほとんどないのですが、その方々のご両親の葬儀と言うことになります。
村山地方は真宗が多いのかと思いきや、参列した葬儀はほとんどが曹洞宗でした。

さて、先日業界でお世話になっている方のご母堂様が天寿を全うして大往生され、ご葬儀が執り行われました。
もちろん私も参列したのですが、こちらも例に漏れず曹洞宗。聞きなれた読経がながれ、1時間の葬儀が終わり、帰社してその礼状を見て「ほほ~!!」と感心しました。

通常は葬儀の礼状といえば、通り一遍の参列への御礼の言葉が連なっているものですが、今回頂戴したお礼状は、まさに喪主の自らの言葉で参列者へ丁寧で語りかけるような文面になっていました。妙にホッコリしてしまいました。
葬儀といえば喪主やご遺族は慣れない準備でバタバタしてしまうものでしょうが、礼状一つにもこのように細やかな気配りをされていることに驚きました。

ご両親の葬儀となれば、故人には全くお会いしたこともなく、遺影に向かって焼香するだけとなるのが普通で、喪主挨拶で初めて故人の人となりを知ることとなります。しかしながら、このようなお礼状を拝読するにつけ、故人の生き様がどのようであったのかを知ることができました。まさに故人に代わっての参列御礼であると思います。やはり、人は最期が肝心、有終の美、まさにここに極まりぬと言ったところではないでしょうか。








<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

もう一つの顔

テーマ:社長ブログ
IMG_1401
ある時は小企業の社長、ある時は現場監督、ある時は大洋を航くヨットマン、ある時は夢想神伝流居合剣士、そしてまたある時は・・・・・羽黒派古修験道の山伏。

私は3年前、肝臓の大病を患い、県立中央病院に1ヶ月間入院しました。あと2,3日遅かったら、命の危険があったと後日、主治医から聞きました。
毎日、会社の心配をしながら、寝ているだけの入院生活でした。窓からは月山が綺麗に見え、毎日、月の御山に手を合わせて回復を祈っていました。
その甲斐あってか原因不明の奇病から復帰することができました。
やり残したことが沢山あり、このまま逝っちゃうのかなぁとも思った日々でした。いつ治るか分からず、万が一の事態も隣り合わせと言う状況で、私も人生観が変わりました。やれるうちに「やるべき事」、「やりたい事」をやっておこうと。

そして、命を助けていただいた出羽の三山への御礼とその神秘の力を体に取り込もうと考え、羽黒派古修験道の山伏修行である「秋の峰」に参加するようになりました。
一汁一菜の二食で山野を駆け、そして伝承の秘儀を行うという昼夜を分かたぬ1週間の厳しい修行です。そして、神々より新たな生命を頂き、この世に生まれ変わって戻ってきます。
全国(今は海外からも)より選抜された150名しか参加できない一年に一度の貴重な行でもあります。二十度参加すると満願だそうですが、私もでき得る限り、今後も参加し続けようと思います。何しろ私は日ごろから「穢れの多き身」ですから・・・。








<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

業界

テーマ:社長ブログ
業界と言うのは、建築業界です。
前回、山形県の人口減をお話しましたが、ただでさえ若い方々が減少しています。
そこへもってきて、各企業は人手不足でヒーヒー言ってます。山形県の求人有効倍率は1.6倍、天童市はと言うとこれをはるかに上回る何と2倍と聞きました。普通の企業ですら求人が難しいのに、建築業などはなおさらです。この2倍と言う求人倍率ですが、本当に職を求めている方々なのかどうなのかは疑問です。そういう方々を勘案すると、職を求めている方々はもっと少なくなるのですから、求人倍率はもっと高くなります。実感値で4倍ぐらいではないでしょうか。さらに建築業界となれば、それに輪をかけた倍率です。

建築業界は裾野が広く、職人つまりは職方によって業種が異なり、普通にお願いしている業種だけでも最低20業種以上です。全ての業種で人手が不足しています。まだまだ3Kなどという昔のキーワードをひきずっているようにも感じます。一時はガテン系などともてはやされた系統だったのですが・・・。

ことに、絶対数が不足していて会社のレベルまで成長しかねているのが基礎屋です。基礎屋は主力が昔の左官屋です。壁塗りの家が少なくなったので、基礎屋に転向した方々が多いのです。稼ぎ高は大きいのですが、若手がほとんどいません。
よって、数もジリ貧になってきます。そして、建築は季節が集中するのが常で、基礎屋が手配難になります。簡単に言うと基礎屋の取り合いで、金額も売り手市場、よって金額の高い大手やハウスメーカーが先に押さえてしまい、なかなか私共のような会社では基礎屋を手配するのは、毎回、胃が痛くなる繰り返しです。

そのトップシーズンが今なのです。
県や市町村からの補助金が決定し、申し込みのシーズンだからです。これが受理されるといよいよ基礎の開始ですが、このスケジューリングと施工管理が一苦労なのです。先日などはすばやく施工代を現金で払い、基礎屋を押さえたり、他の現場に日参して何とか仕事を請けてもらったりと、ハラハラどきどきです。

基礎屋一つとっても、この人材不足です。大工だって、電気屋だって、設備やだって、屋根屋だって、クロス屋だってみんなそうです。これからは、職方の垣根を越えて兼業ででもやってもらわないととっても追いつきませんし、工法も職人を極力使わなくても済むように研究せねばなりません。

ただ、職人の道は険しいといわれますが、その範囲の仕事を全てこなせるから一人前の職人です。半人前だけど、そのパートをやらせたら親方も敵わないということもあります。専門の職方の業務を分解するとかなりの細かい作業に分けられます。このパートパートなのであれば、半人前だろうとアルバイトだろうとできるのです。今後は家におられる主婦の方や外国からの技術修習生だって活用できる可能性もあります。
孫と遊んでいる引退した親方を体を動かさずに口を動かして指導・監督してんもらえれば、新たなスキームができると思います。これなら、職人減や求人何人も少しは対応できるのではと思います。







<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。