HOME > 社長ブログ
犬

社長ブログ

ホントに消費税、上がったら・・・。

テーマ:社長ブログ
このまま行くと今年の10月からは消費税が8%から10%へ増税になります。
建物は金額も大きいので、2%違うと金額的にも結構な出費になります。
ただし、これは建物の金額が高ければ高いほど、負担する金額が大きくなるわけです。

私どもの建物は、何から何までコミコミで1350万円(8%税込み)です。
このコミコミの中には、何しろ何から何までですから、消費税が非課税の諸経費なども含まれます。
それらを差し引き、さらに8%の消費税を差し引くとおおよそ消費税がかかるのは1100万円です。
ちなみに、ここで差し引いた8%の消費税額は96万円ぐらいです。
さて、この課税対象価格1100万円に10%の消費税となると110万円。よって2%上がると14万円多く消費税を払わなければなりません。

何とかならないの??
何とかなりそうです。
それは、消費税増税に伴って「すまい給付金」がこれまで最高30万円だったものが、50万円になります。その差20万円。先ほどの2%上がる差額は14万円ですから差し引き6万円程度お得になるということです。なんと消費税が上がっても十分おつりが来てしまいます。

救済措置はそれだけではありません。今決まっているものでは、父母、祖父母からの住宅購入資金等の贈与はこれまで最大1200万円が非課税だったものが、3000万円まで非課税に。

さらに、住宅ローンの年末残高の1%を所得税や住民税などから控除(減税)されます。つまり払わなくてよくなる。言い方を変えれば、その分が戻ってくる。それも10年間も。それが今回の増税から13年間に延長されます。

さらにさらに、今回の増税から新設されるボーナスは、一定の性能を有する新築住宅には、昔あった「住宅ポイント制度」が復活します。詳細はまだ決まっていませんが、ポイントが商品券のような使い方ができるものと思われます。

なんと手厚い施策なのでしょう。これなら住宅業界が心配する駆け込み需要後の落ち込みも少ないのではないでしょうか。
皆様、落ち着いて、じっくり家を建てましょう。ただ、今年は奇習の忌まわしい「三隣亡」なんていう迷信もありますからちょっとだけ注意が必要ですね。






<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。さらにローコスト住宅でもあります。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。


手仕舞い

テーマ:社長ブログ
今年も今日が営業最終日
年をとると、ほんと1年過ぎるのが早く感じます。
最終日は、翌年の計画と今年の反省。
あれもできなかった。これもできなかった。結局、ほとんどが来年に持ち越しです。

それにしても、怖いのが年末年始休業中の雪です。
今朝も社員総出で30分かけて雪かきしました。昨年の年末年始は私が一人で3時間かけてやりました。さすがに明日で還暦を迎える私には堪えます。
今年から除雪は、近所の重機をお持ちの知り合いに頼んでいるのですが、重機を使うぐらい積雪がないと来てくれません。
たぶん、1回あたりの金額があるので、気を使って出動回数をセーブしてくれているのかもしれません。遠慮しなくてもいいのに・・・。

さてさて、来年は新年号となり、消費税増税などなど、大きな転換期を迎えます。
皆様にとりましても来るべき年が、益々実り多き年でありますことを、心よりご祈念致しております。
よい年をお迎え下さい。 








<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

2拠点生活

テーマ:社長ブログ
2拠点生活、小洒落た言い方をするとデュアルライフというのだそうで、古巣のリクルート住まいカンパニーの調べでは、ここのところ、お金持ちの別荘ライフとかではなく、20代~30代のファミリー層にその傾向が強くなっているとか。その年代の占めるその割合はなんと50%越え

確かに、地方の空き家が増える一方で、格安に手に入れることも可能となりましたし、民宿法の改正で、民宿も増えてきています。さらにはシェアハウスなどの形態もあり、セカンドハウスやデュアルライフも可能性が広がっているのでしょう。
このデュアルライフを送る人々をデュアラーと呼ぶのだそうで、その目的別に見ると「趣味満喫」「プレ移動」「自然癒され」「のびのび子育て」「ふるさと」「地域貢献」型の6つに分類されるのだとか。

私などは、趣味が趣味だけに、その目的を達成するためには、どうやっても尾花沢の徳良湖日本海の酒田まで行かねばならず、宿泊もともないます。徳良湖は手作りの倶楽部ハウス、酒田ではどのみち翌朝から乗艇するので、艇内泊になります。これも今風で言うデュアルライフというのでしょうけど、私などは流行る前、40年も前からこんな生活をしています。もっとも私の場合はウィークエンドライフというのが正しいのかもしれませんが。
まさに、「LIFE IS SAILING」です。






<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

平屋と言う選択

テーマ:社長ブログ
09f011e4fd9c1fcd3797b8df6c91558b
平屋と聞いて、どんなイメージをお持ちになるでしょうか。
私どもは、子育てファミリー向けに住宅をお建てしておりますので、これまで、たった1軒しか平屋住宅を建てたことはありません。それはお子様のおられない熟年のご夫婦の建て替え住宅でした。

基本的に、平屋住宅は二階部分を一階に下ろしたような建物ですから、当然のことながら基礎も大きくなりますし、屋根も大きくなります。その分材料も手間も多くかかりますから、総二階の住宅などよりは、金額も張ることになります。
また、その大きな基礎を配置しなければならないとなると、求めるべき土地の広さも大きくなります。そこでも土地代金が高くなることが考えられます。

今回、視察に行ったのは、元々私たちが仲間としてやっているクリエイトホームズ秋田の平屋です。
クリエイトホームズの仲間は全国に居ますが、その本家本元がこの秋田の会社と言うわけです。この会社のキャッチフレーズは、全国の仲間が使っています。それは・・・「20代からのマイホーム」です。私どもを始め、同一のキャッチフレーズとスローガンで良質で安価な住宅を子育てファミリーに提供し続けています。

ところが、その本家本元が20代からならぬ「50代からのマイホーム」を打ち出したというのです。それって、根本から売り方、客層を変えるということを意味します。なんで?なんで?全国の視察参加者からは異口同音の質問です。

答えは、「我々の主たる客層である20代、30代が激減しており、さらには職人たちも老齢化している。このままでは座して死を待つようなことにんもなりかねない。だから、がらりと客層を変えた」と言うのです。確かに、若年層の人口減で、その少なくなった1次取得者層のお客様を大手から零細に至るまでまで取り合いになっています。

今回の平屋は1LDK、間じきれば2LDKの平屋です。この建物は、カリフォルニア風のデザインにし、内部の建具やキッチン、フローリング床なども確かに西海岸風な洒落たコーディネートになっていました。すごい勢いで電話が鳴って引き合いがあるのだそうで、その客層はと言うと、「現金買いの熟年夫婦」「東京に住む息子夫婦が心配だからと言って、一人暮らしの母親に暖かい家を建ててあげた親孝行」「生涯一人暮らしを決めたお気軽なお一人様」「結婚せず、一人の親と同居する熟年」などなど、今まで会った事もないようなお客様方だそうです。

なるほど、私たちはひたすら子育てファミリー向けに営業を行ってきたわけですから、そういうお客様の層は全く知りません。しかしながら、秋田でもあるのなら山形でも十分存在するのではないかと考えてしまいました。
確かに、私どもにも「ビートルズエイジ」などの熟年夫婦向けの商品や2LDKタイプの平屋などもあるにはあるのですが、正直言って、積極的に営業推進していなかったというのが、ほんとのところです。

今回は、秋田まで出向いて、とてもいいお話と気づきの機会をいただきました。来年に向けて私どもも「50台からのマイホーム」を考えていこうかと思った次第です。ハウスビルダーにも時代を見通す先見性と柔軟さが求められていますね。







<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

瑕疵担保責任保険の延長???

テーマ:社長ブログ
瑕疵担保責任保険というのをご存知でしょうか?
これは建築費を抑えるため、手抜き工事をして、その責任を追及されるや施工会社がさっさと計画倒産してしまい、住民が泣き寝入りしなければならなくなった「姉歯事件」というのがありました。その反省から、施工会社は隠れた欠陥について、引渡し後10年間保証しなければならないとした法律ができました。
では、その10年の間に施工会社が倒産してしまったら・・・・。これを防止するために保険に加入する仕組みがあります。これが瑕疵担保責任保険です。
では、どの部分に瑕疵があった場合に保障するのかと言うと、壁や柱、床、基礎という家にとって生命線となる部分と雨漏りなど雨水の浸入についての欠陥工事を引渡し後10年間保証するものです。

では引渡し10年後はどうなるのでしょうか。
そこには、延長瑕疵保険と言うものがあります。該当する建物は10年以上15年以下の建物となりますが、延長契約すれば、5年又は10年延長して瑕疵保険をかけることが可能というものです。

ただ、この延長瑕疵保険はうまくできていて、屋根や外壁などを塗装し直すメンテナンス工事が必要になります。
言い方を変えれば、「保証付きリフォーム」のことで、施工業者が自分がやったメンテナンス工事について保証するという仕組みです。住宅需要が縮小する前に、OB客を囲い込もうということでしょう。
少なくとも10年間、構造的な部分に欠陥はなかったわけですから、その先も心配するような事態にはならないと思います。ただ、心配すべきは雨漏りや窓の部分などからの雨水の浸入です。そこへもってきて、劣化している部分を完全にリフォーム工事やメンテナンス工事を行えば、5年やそこいらなら雨漏りや雨水の浸入はほとんど考えられません。それを保証するというのですから、この延長瑕疵保険、どの程度有効なのか、はなはだ疑問ではありますね。







<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。