HOME社長ブログ > Modern Pentathlon
犬

Modern Pentathlon

Modernはモダンですから「近代」、Pentaは元々はギリシャ語ですが、英語でもペンタゴンなどと使われる「5」という意味。さらにathlonはトライアスロンのアスロンと同じですから「競技」。まとめると「近代五種競技」
ご存知の方もおられるかも知れませんが、れっきとしたオリンピック正式種目です。もっとも日本では16年間にわたり、出場が途絶えたこともありました。でも今は、男女共に日本人選手も出場しています。

その5種目とは、「フェンシング1分間一本勝負」「水泳200m自由形」「馬術障害飛越(レンタル馬使用)」「800mランニング4本」「射撃(レーザーピストル50秒以内に5回命中」です。オリンピックですから、それぞれの種目のトップアスリートレベルが求められます。一道に秀でるのではなく五道に秀でていなければなりません。
3種目のトライアスロンでも凄いのに、5種目って、信じられますか?

この5種類は「近代」とついています。それでは元々の「古代五種競技」とは・・・・。それは「レスリング、円盤投げ、槍投げ、走り幅跳び、短距離走」です。近代五種競技も古代五種競技も全く別の競技種目です。延長線上にもありません。
さらに注目すべきは、使う筋肉が全く別なのです。もちろん技術やペース配分、ルールも全く別です。
私は、この種目に出場する選手を尊敬します。正にオールマイティプレイヤー、トップ・オブ・スポーツマンです。
何でもこなす最強の男「武井壮」は、それでも陸上競技が中心です。それの何倍も凄い!!

ところで、近代五種競技も古代五種競技も何か種目的に共通項があると思いませんか?
そうです。これは軍隊の教練科目です。近代オリンピックの創設者「クーベルタン男爵」が導入を決めたのが、この「近代五種競技」です。その種目決定に当たっては、19世紀のナポレオン時代のフランス軍で、戦闘中に敵陣を突破し、自軍まで戻り、戦果報告を命令された斥候騎兵将校が、馬で敵陣に突っ込み、途中で遭遇した敵を銃と剣で討ち倒し、さらに、馬を捨て川を泳ぎきり、山や丘を越えて一気に走りきって、無事に自軍へ戻ったという故事になぞらえて決められたといいます。

だいたいにして、近代五種競技なんて、どこの誰が教えて、どこで練習するのか・・・。
これをできるのは、軍隊だけでしょう。軍隊とはいえませんが、日本では自衛隊だけでしょう。そうです。陸上自衛隊の朝霞駐屯地にある自衛隊体育学校です。それでも競技人口を何とか増やそうと、射撃は火薬を使わないレーザービーム銃になったそうです。

実は私、スポーツではありませんが、建築系業務の5種目のプロを目指しています。オールマイティプレイヤー、ワンストップで全ての業務をこなそうと言うことです。
住宅ローンやライフプランを担う「ファイナンシャルプランナー」、土地などの不動産取引を行う「宅建士」、建物の設計を行う「建築士」、建物を建ちあげる「施工管理技士」、内装をコーディネートする「インテリアコーディネーター」と、何年かがかりで、すべての資格を取得し、お金の工面から建物のお引渡しまでの建築5種のお仕事をさせていただいています。
ご相談がありましたら、何なりとお問い合わせ下さい。存分に5種目の実力を発揮しますよ!!









<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。さらに月々家賃並のローン支払いのローコスト住宅でもいあります。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。






お問い合わせはこちら
関連の社長ブログを見る