HOME社長ブログ > 第4の暖房
犬

第4の暖房

現在、私どもではオール電化仕様をコミコミ価格に含めています。

ちょっと前までは、それがイニシャルコストもランニングコストも割安でした。

ただ、ここへ来て電力自由化や原油安などで、どうなるかが誰にも予測が付かない状況です。
どれが安いのか・・・・。

一つの熱供給源に頼ると一喜一憂と言うことにもなりかねません。
原子力以外は全て天然資源ですから致し方ありません。
そんな時に、ガスと電気のハイブリッド給湯・暖房というのが出てきました。
確かにイニシャルコストは若干割高ですが、ランニングコストは
電気とガスのいいとこ取りの分だけ、経済的
です。
深夜電力でオール電化同様にヒートポンプで湯を沸かし、昼間の電気代の高いときはガスで湯を供給する。
これはお風呂のみならず、暖房もできるのが便利です。

東北エリアでの年間の消費される光熱費は、給湯と暖房で約7割。暖房だけでも41%に上ります。
ちなみに高そうな冷房はたったの2%程度しか占めていません。
よって、東北地方の住宅では、給湯と暖房の光熱費を割安に収めることが、節約につながるというわけです。

私どもも、この「電気ときどきガス」というハイブリッドな「エコワン」を建売住宅に装備してみました。
お買い上げ頂いたお客様には、光熱費をチェックしていただくモニターになっていただいています。
先日の内覧会では「ハワイのような暖かさ」と題し、室温25度でやってみました。
一気に室温が25度まで到達したのにはビックリしました。

さてさて、1年後、どれぐらいの年間光熱費になっているかが楽しみです。
〇万円も割安になるとメーカー側では試算が出ていますが、実際はどうなりますか。
ちなみに、実験で、私の自宅もこのエコワンに1月から変えてみました。

確かに暖房はオール電化時より格段に暖かくなりました。
あとは電気代を入れた高熱費がどうなるか・・・。
お問い合わせはこちら