HOME社長ブログ > 最低金利
犬

最低金利

銀行の住宅ローンの金利も預金利息と同じように?限りなく0%に近づいています。
1%を割り込むこと自体、異常ですし、たぶん銀行にとって見ても競合相手が
あるからやっているだけで、この住宅ローン単体では確実に赤字ビジネスだろうと思います。

私が若かりし頃、住宅ローンを組んでマンションを購入したことがありますが、
その当時は金利が平気で5%を越えていました。そんなの当たり前の時代でした。
ですから、今の金利が信じられません。正直、ほとんどタダ?と思えるぐらいです。

ご存知のように、リスクを考慮して、金融機関が有する住宅ローン商品で金利が低いのが変動金利です。
逆に金利の変わらない固定金利は金利は高いのが常識です。

ところが、国がバックについているフラット35という住宅ローン商品は、
35年間金利が変わりません。
かなりリスクの少ない金融商品でもあります。
このフラット35の金利はここ数年は1.6%~1.8%で推移していました。
このフラット35の金利は、10年ものの長期国債の利回りに連動しています。
ここのところ、日銀が「マイナス金利」を導入したことにより、国債の利回りも低下し、
これに連動してフラット35の金利も、何と20年以下の借り入れで1.02%、
21年以上の借り入れでも1.25%まで下がってきました。


さらに、ちょこっと品質を上げたフラット35Sという仕様の建物なら、
そこからさらに優遇されて、20年以下の借り入れなら0.72%、21年以上の借り入れでも0.95%です。

これは3月の金利ですから、まもなく発表される4月度の金利はもっと下がっている可能性もあります。

正直言って、これから新築する方にも有利ですが、
それよりもすでに住宅ローンで家を建てた方が、
この低い金利に乗り換える「借り換え」もかなり有利ではないかと思います。






<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで
1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
お問い合わせはこちら