HOME社長ブログ > 年度末
犬

年度末

官庁もそうでしょうが、民間の会社も3月末日の本日が年度末となっているところも多いのではないでしょうか。
経営者にとっては、一年を締めくくる成績がつけられる日でもあります。
私どもは、小さな会社でもあり、株主が沢山居るわけでもありませんが、
ステークホルダーにとっては、十分気になるところかもしれません。

今期は、建売住宅を建て、そしてこれを販売するという活動に終始した一年
でした。
一年間で動かした建売住宅は、12棟です。
 建売住宅は、まだ買い手が決まっていない建物ですから、建築費から経費まで全て先払いの先行投資ということになります。
資金力がないとなかなかできないというのも正直なところです。
さすがに手持ちの資金では足りずに、分譲計画書を作成し、
金融機関にプレゼンテーションして融資していただいた経緯もあります。


ただ、建売住宅は売り建て住宅(注文住宅)と異なり、私どもの建物を選んでいただけると、
住宅ローンの融資さえつけば、すぐにでもお譲りできるので、何ヶ月も待つ必要がありません。
私どもにとっては、即現金化できるというメリットもあります。

 この建売販売が、今期の売り上げに貢献してくれました。
これのおかげで何とか少しばかりの黒字化になりそうです。

住宅を建築を請け負っている会社は、他業種と異なり、ある意味で、
これまで建ててくださったOBのお客様に対しても黒字決算を続ける責任があります。
それは、住宅はローンを返し終わる35年後まで建物は存在し、
その建物はメンテナンスやアフターフォローが必要になる典型的な商品だからです。

よって、赤字に陥り、会社が倒産するようなことになれば、それを行う会社がこの世から消えてしまうことになります。
それが故に、割安な住宅にもかかわらず、しっかり利益も確保し続ける必要があるというわけです。

さてさて、明日からは第20期。20周年記念となる年です。
今は仮事務所に引っ越して業務をしていますが、来期は新社屋の建設も控えています。
原点回帰で創業した頃の心意気を再確認し、これからの10年、30周年に向けてしっかりした経営計画で
適正な利益を出し続ける会社を目指したいと思います。






<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで
1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
お問い合わせはこちら