HOME社長ブログ > 全館暖房のその後
犬

全館暖房のその後

 弊社の高気密、高断熱の北海道仕様の住宅は、以前、お話しました。
深夜電力で、基礎内に埋め込まれたヒーターを暖め、昼にその熱を床の排気口を通じて、
暖気を全館に放出するという仕組み
です。

昨日は内覧会で多くのお客様がおいでになり、その暖かさを体感されました。
昨日の午後3時の外気温は0度、外のバケツの水は薄氷が張っていました。雪はさらりさらりという状況でした。

さて、室内の温度は・・・・・
ずばり18度。外部との温度差18度です。
すでに、蓄熱のスイッチが切れてから8時間も経過しています。余熱だけでここまで室温がキープできているというわけです。

ただ、18度というと微妙な室温です。寒がりの方はちょっと肌寒さを感じるかもしれません。
ただ、秘密兵器があります。この建物の居室の窓には、エアハニカム構造のブラインドが設置されています。
このブラインドは明かりを通すので、部屋はあまり暗くはなりません。

室温の約60%は窓から外へ逃げていきます。これはペアガラスとて同じことです。
このハニカムブラインドを下ろすことにより、窓ガラスと室内に幅3センチ程度の空気層を何段にも形成することが出来ます。
これにより、室温は確実に2~3度は上がることが実験で明らかになりました。

室温が20度~21度であれば、さすがに半袖でというわけには行きませんが、
通常の服装であれば、快適に過ごせますし、補助暖房で短時間エアコンをつければ、すぐに25度程度には上がります。

さて、エアコンの話が出ましたのでエアコンについて少しお話します。
寒冷地にはフル暖エアコンがお勧めです。この頃のエアコンは省エネ節電タイプになっていますので、
せいぜいかかっても消費電力は1.5KW~2.0KWぐらいです。

ただ、一気に暖めようとするときに電力を使います。それより、温度設定も25度ぐらいにし、
節電モードで運転すれば、昼なら1時間当たり55円ぐらい、11時から朝7時までなら深夜電力で18円程度です。

この頃の住宅は高気密高断熱が当たり前になってきています。
よって一度暖まれば、急激に室温が下がることはめったにありません。
しかっも第1種喚起を使っているところではなおさらです。
なのであれば、気温が下がる夜間~朝まで、ゆるりとはかけぱなしにしても、
エアコンの電気代は365円ぐらいではないでしょうか。もちろん寝ている間だけというのであれば、145円程度
です。

これで、灯油代が掛からないというのであれば、そろばん弾いてみる価値はありますよね。
暖房効率を上げるには、先述のハニカムブラインドが、費用も安く超お勧めです。
今ならカーテンと同じぐらいの価格で設置できるはず
です。


<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします
お問い合わせはこちら