HOME社長ブログ > 住宅ローンが、えらい事になりそう
犬

住宅ローンが、えらい事になりそう

 住宅ローンなんて、どこも似たりよったり・・・。
なんて思ってませんか?確かに金利の数字を見れば、それは当たらずとも遠からず。
それでもその金利の適用条件を見ると随分と違うことに気がつきます。

貸す方だって商売ですから、そこは知恵を絞ります。本申し込みのカウンターで、
条件に気づいたなんて笑えない話もままあります。当該金利適用期間は「当初1年間」
なんていうのは最たる例です。

また、山形県内に本店を置く金融機関でしか住宅ローンを借りられないと思っている方も多いようですが、
そうではありません。
都内に本店がある全国展開の金融機関ネットだけの金融機関でも
住宅ローンはありますし、銀行ではなく、信組やろうきん、JA、さらには住宅ローン専門ノンバンクなどでも
住宅ローンは組めます。実質、国が運営している金融機関では35年固定金利の住宅ローンも組めます。

借りる方に合った金融機関の、さらにその中で条件に合った金融商品(住宅ローン)を選ぶことが肝心ですし、
何よりもその金融機関の融資の審査にパスすることが、もっと重要です。

それにしても昨今、信じがたい低金利になっていますし、さらに来年早々にはこれに拍車が掛かるようです。
建築、建設業は、末端まで入れるとものすごい人数の方々が業種的に関連し、
この産業が潤えば、それに携わる方々も実入りが増える
わけです。何しろ広義に解釈すれば、
五人に一人は何らかで建築、建設業に関わる商売に就いていると言われています。
住宅ローンの低金利誘導は、言うなれば政府の産業振興策と言ったところです。

これゆえに、政府も住宅ローン金利の引き下げ、補助金交付、税の減免措置などの
優遇政策を推進
しています。

これまで、変動金利はリスクが伴うので金利は低くめに、将来のリスクの少ない固定金利は高め
設定するのが常でした。これは商売でやる以上当然のこととして理解できます。
しかしながら、変動金利すらも平然と1%を割り込んでくる異常な現在、固定金利も限りなく1%に近づいてきます。

ここは、35年間固定金利のフラット35を使うのが適策です。自信を持って言い切れる状況です。
融資審査の回答に時間が掛かるのが玉に瑕ですが、ノンバンク系の割安な金利の金融機関を選び、
申し込むことをお勧めします。

ただし、金利だけでなくそれぞれが設定する融資手数料の部分を勘案して決定することが肝心です。
それと、フラット35の場合、100%ローンは何故かしら審査が通りにくいので、お勧めしません。




<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つ
ロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします
お問い合わせはこちら