HOME社長ブログ > お礼状
犬

お礼状

ec077696aed1635889cb136cad92dbfe1
この年になると、結婚式のご招待よりは、葬儀のご通知が多くなりました。
幸い、仲間内や知人の葬儀はほとんどないのですが、その方々のご両親の葬儀と言うことになります。
村山地方は真宗が多いのかと思いきや、参列した葬儀はほとんどが曹洞宗でした。

さて、先日業界でお世話になっている方のご母堂様が天寿を全うして大往生され、ご葬儀が執り行われました。
もちろん私も参列したのですが、こちらも例に漏れず曹洞宗。聞きなれた読経がながれ、1時間の葬儀が終わり、帰社してその礼状を見て「ほほ~!!」と感心しました。

通常は葬儀の礼状といえば、通り一遍の参列への御礼の言葉が連なっているものですが、今回頂戴したお礼状は、まさに喪主の自らの言葉で参列者へ丁寧で語りかけるような文面になっていました。妙にホッコリしてしまいました。
葬儀といえば喪主やご遺族は慣れない準備でバタバタしてしまうものでしょうが、礼状一つにもこのように細やかな気配りをされていることに驚きました。

ご両親の葬儀となれば、故人には全くお会いしたこともなく、遺影に向かって焼香するだけとなるのが普通で、喪主挨拶で初めて故人の人となりを知ることとなります。しかしながら、このようなお礼状を拝読するにつけ、故人の生き様がどのようであったのかを知ることができました。まさに故人に代わっての参列御礼であると思います。やはり、人は最期が肝心、有終の美、まさにここに極まりぬと言ったところではないでしょうか。








<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

お問い合わせはこちら