HOME社長ブログ > いよいよ2015年
犬

いよいよ2015年

いよいよ新たな年になりました。
改めまして、新年、明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。

私どもは、入居しているのが小売店舗の2階ですから、この店舗が2日より初売りをするというので、
私どもも2日から店を開けておりました
弊社の初売りは、3日からでしたが、新年早々お客様にもおいでいただきました。ありがたいことです。

私はと言えば、病み上がりで、酒も飲めないトホホな正月でした。
でも、酔いのない覚醒した学び多き正月だったとも言えます。

さて、新たな年明けとともに、新たな仕事割で業務をすることにいたしました。
私が11月12日より一ヶ月入院している間に、
私の仕事をそれぞれのスタッフが分担してこなしてくれたお陰で、私の日常業務に少しばかりの余裕ができました。

病み上がりと言うこともあり、現場にもあまり行けず仕舞いですが、それも分担してやってくれています。
それでは、その余裕で・・・・・本当は養生せねばならないのでしょうが、目と頭は事務所にいても使えます。

そこで、片手間にしかできていなかった商品開発を再開することにしました。
私どもの商品開発は、他社さんのように自由にというわけには参りません。
性能を上げつつコストを抑制し、さらに全てコミコミ1350万円や1500万円という
超えてはいけない上限が設定
されています。
この限られた条件の中で、ニーズとウォンツに合致した商品を生み出さねばならないと言うわけです。

今年の開発テーマは「超高断熱、超高気密のコストダウン」」と「エアコン一台で過ごせる家」
そして「無駄を省いた4LDK」「凹凸外観のコストダウンデザイン」「26坪タイプのバリエーション展開」です。

工賃はあまり変化もありませんが、材料の価格が上がってきています
特に輸入材が上がっています。米国の経済が上向きで、住宅建築が盛んになり、
品質のうるさい日本への輸出などせずとも国内需要で十分やっていけるのと、為替の変動も関わってきています。

さてさて、明けた2015年、どのようになりますか、楽しみです。
コストを左右する、この材料の調達と使い方が腕の振るいどころでもあります。




<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします

お問い合わせはこちら