HOME > 社長ブログ
犬

社長ブログ

瑕疵担保責任保険の延長???

テーマ:社長ブログ
瑕疵担保責任保険というのをご存知でしょうか?
これは建築費を抑えるため、手抜き工事をして、その責任を追及されるや施工会社がさっさと計画倒産してしまい、住民が泣き寝入りしなければならなくなった「姉歯事件」というのがありました。その反省から、施工会社は隠れた欠陥について、引渡し後10年間保証しなければならないとした法律ができました。
では、その10年の間に施工会社が倒産してしまったら・・・・。これを防止するために保険に加入する仕組みがあります。これが瑕疵担保責任保険です。
では、どの部分に瑕疵があった場合に保障するのかと言うと、壁や柱、床、基礎という家にとって生命線となる部分と雨漏りなど雨水の浸入についての欠陥工事を引渡し後10年間保証するものです。

では引渡し10年後はどうなるのでしょうか。
そこには、延長瑕疵保険と言うものがあります。該当する建物は10年以上15年以下の建物となりますが、延長契約すれば、5年又は10年延長して瑕疵保険をかけることが可能というものです。

ただ、この延長瑕疵保険はうまくできていて、屋根や外壁などを塗装し直すメンテナンス工事が必要になります。
言い方を変えれば、「保証付きリフォーム」のことで、施工業者が自分がやったメンテナンス工事について保証するという仕組みです。住宅需要が縮小する前に、OB客を囲い込もうということでしょう。
少なくとも10年間、構造的な部分に欠陥はなかったわけですから、その先も心配するような事態にはならないと思います。ただ、心配すべきは雨漏りや窓の部分などからの雨水の浸入です。そこへもってきて、劣化している部分を完全にリフォーム工事やメンテナンス工事を行えば、5年やそこいらなら雨漏りや雨水の浸入はほとんど考えられません。それを保証するというのですから、この延長瑕疵保険、どの程度有効なのか、はなはだ疑問ではありますね。







<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

キャッシュレス

テーマ:社長ブログ
今や駅の改札でもコンビにでも、さらにはネット販売でもアプリやカード払いのキャッシュレスがあたりまえになりつつあります。
でも、どこでもキャッシュレスと言うわけには行かないのが現状です。それが証拠に毎日のように財布の中にはコインが貯まっていきます。これは消費税が導入されたのにも理由があるのでしょう。

昨年の冬、北欧の住宅デザインを視察しに、フィンランドとノルウェーに行きました。シーズン中はとても割高になるので、極寒マイナス20度のツアー料金が割安な冬場を選んで生きました。
ばたばたしていたものですから、現地の通過も調べず、成田空港で現地のタクシー代だけをまずは米ドルに両替して現地入りしました。あとは、日本円からでも現地通貨に両替できるだろうとの魂胆です。

そして、現地へ到着し、空港のカフェへ。空港内なので当然米ドルも使えるだろうと思いきや、ノーでした。困っているとクレジットカードは持っていないか?と聞かれ、コーヒー2杯分を申し訳なそうにクレジットカードで支払いました。
「小額なのに申し訳ない」と言うと、「この国ではどんなに小額でもクレジットカードで払えるし、それが当たり前」と言う返事。

それを聞き、毎回恐る恐るクレジットカードを差し出すと、当たり前に「カード読み取り機」を差してきます。ほぼ100%です。蚤の市のような露天商ですらクレジットカードでOKでした。なので、結局成田で両替した米ドルは、帰着の成田空港で、もとのままの米ドル全額を日本円に両替し直した次第です。もっとも、帰国後、クレジットカードの請求書を見て、もっと驚いたことは言うまでもありません。
ただ、クレジットカードを手にできない信用度の低い方は、きっと毎回現金しか使えず、困るでしょうけど。北欧は社会福祉がしっかりしているので、生活も安定し、クレジットカードが作れないような人はいないのでしょうかねぇ。

これだけクレジットカードが普及していて、一人で何枚も持っている日本です。何故、クレジットカードの使えない店があるのかが不思議です。これが普及すれば、重たいコインも必要なくなりますし、レシートも請求書で一目瞭然です。
聞くところによれば、現金を使わないでカードを使いすぎると買い物依存症にもなり、最後は支払えなくなって、破産する恐れがあるからとのこと。これはあくまでも個人の問題で、国がどうこう言うことでもないと思います。それなら、他国でも同じことが起こり、とっくの昔にクレジットカードに規制をかけているでしょう。それがないのは、規制するよりメリットがあるという証拠でもあります。

まもなく2020年。東京オリンピックで世界中からお客様がおいでになります。クレジットカードで何でも決済してしまうカード先進国の方々も多いはずです。開催国の日本が遅れをとってはいけないとも思います。それこそ「え~!!先進国の日本でカードが使えないの??」と驚かれます。

新聞に載っていましたが、新庄市ではキャッシュレス化を社会実験するそうです。結果が楽しみです。







<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

トイレのお話

テーマ:社長ブログ
私共も建物の商売をやっているので、水周り三点セットには、必ずトイレが付いて回ります。
この頃は水周りをリフォームされるお客様も多く、そこにもトイレがかかわってきます。
いまや洗浄つきで暖房便座は当たり前で、つゆぞ和式トイレや小便器などは付けたことがありません。

ところがです。百貨店にも高速のパーキングエリアや駅のトイレにも未だに「和式トイレ」があります。
いろいろ聞けば、学校などには沢山の「和式トイレ」が残っているそうです。不思議なことに幼稚園や保育園は「和式トイレ」はほとんどないそうです。
そして、前述の公共トイレでは、長蛇の列でも「和式トイレ」だけは空いています。ラッキー、空いてるわと思って入ったら「和式トイレ」で、何だよ~!!と思ったことはないでしょうか?

今では幼稚園から小学校に上がり、和式トイレを初めて見て、使い方が分からず戸惑ってしまう子も多いそうです。
お年寄りが多いから「和式トイレ」があるのかとも考えましたが、年配の方々のリフォームでは「和式トイレ」を逆に洋式に変える工事が100%です。それでは何故??

何でも知りたい私のクセで、いろいろ調べてみました。
公共のトイレは誰が使ったか分かりません。人の生肌、しかもおしりが接した便座に、自分の生肌を触れるのを躊躇う方が居るからだそうです。でも、ちゃんと公共のトイレには便座を洗浄する泡泡のやつも付いているのに・・・。
排便するのには、和式の体勢の方が良いという医学的なデータがあるらしいですが、それは個人の勝手であって、だからと言って和式を親切に設置する必要もないのではないかと思います。

それはそうと、この頃男性も半分は、便座に座って小用をするのだそうで、これは結婚している男性に多いのだとか。たぶん、飛沫が壁や床に飛んだりして、奥様から愚痴の一つも言われるからなのでしょう。ここでも洋式の方が上回ってますね。

先日行ったホテルのロビーのトイレを何気なく見たら「WESTERN STYLE」「JAPANESE STYLE」と記されていました。
せっかく英語で表記しても洋式とか和式とかの違いを理解していない外国人には何それ??ですよね。
それを言うなら洋式は「SIT-DOUN TOILET、和式は「SQUAT TOILET」と表記するほうが想像力を掻き立てて、よりスマートだと思いませんか。

ちなみに、トイレのことをWCと略しますが、あれって、何の略だか知ってましたか?
答えは「WATER CLOSET」の略で、ずばり「水の個室」です。ポッチャントイレの個室と区別するために付けられた名称だそうで、今どきこんな表現をしているのは日本と一部中国ぐらいだそうです。







<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

LINE

テーマ:社長ブログ
バリューLINEバナー2
今、当たり前に使われているSNS
私もプライベートや仕事でもface bookLINEはよく使っています。電話機能を使えば、海外からでも無料で使えますし、テレビ電話では現場と動画を見ながら指示も可能です。さらには、グループでの情報を一瞬にして共有でき、この上なく便利なツールでもあります。いちいちフォーマルにメールを使わなくても一瞬にしてやり取りできるのも便利です。

私共も、お客様への情報の伝達は、メールや郵便、急ぎは電話を使っていますが、急ぎの電話はいつも昼間で、お客様も仕事中でお取りになれません。土地情報などは、足が速く、お客様に伝わったときには、すでに他のお客様が買受予約をした後だったなどということは、日常茶飯事です。
これを何とか解消するため、お客様に弊社のLINEに登録していただくことによって、タイムリーに情報を共有できる仕組みを構築中です。

登録したからと言って、しつこい営業メールなど一切いたしませんから、ご心配なさらずに、是非、ご登録ください。
「あっ」という間に他にはない最新情報の数々をお伝えします。内容は、今出たばかりの土地情報最安値の住宅ローン金利情報家を建てるときに心配事のQ&A内覧会の開催予定情報と見所ポイント内覧会に来れなかった方向け動画内覧情報などなどです。

ためしに、上の写真をタッチしてみて下さい。弊社LINEのページに飛んでいけます。
これからは、皆様とLINEでも繋がりましょうよ。









<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

素敵なデザイン

テーマ:社長ブログ
7067f677a7345fb7056fcab776607da6
写真を見て何の建物だと思いますか?
宮殿?寺院?はたまたリゾートホテル?

実は、学校です。中心部分は講堂や食堂、そして左右に広がるのが教室群です。さらに真ん中が中庭です。ただし、この中庭は教育方針により、生徒たちが給食に使う食材用の畑として利用されていました。
この平等院鳳凰堂を思わせるデザイン、実は日本に実在するある建物の様式と似ています。旧帝国ホテル(現在は明治村に移築)です。
建物好きならピンと来たのではないでしょうか。設計はアメリカの巨匠「フランク・ロイド・ライト」です。
この建物は東京の池袋にあります。大正10年建築の自由学園「明日館」です。
詳細はこちらの公式HPでご覧になれます。http://www.jiyu.jp/tatemono/myonichi.html

自由学園は現在、東久留米に移転しましたが、その競争を嫌う独自の教育方針で、幼稚園から大学までの一貫教育を目指して健在です。この学校の創始者である羽仁夫妻のポリシーに感銘し、自ら設計した旧帝国ホテルを施工監理で来日していたライトが快く引き受けて設計したものです。
中を視察する機会を得て、隅から隅までじっくり観察して来ました。

ライト特有の直線を縦横に組み合わせ、屋根を低くし、地を這うように土地と一体になるように展開する「プレーリー様式」の傑作であると感激しました。
内部に至っては、天井に高低差を設け、空間の広がりを意識させる仕掛けや、ドアや窓枠、塀、椅子に至るまで、統一された六角形の一部を取り入れた幾何学模様でデザイン処理されていました。もう、こだわりの世界もここまで来ると驚愕です。中央の切り妻屋根も若干の誤差はあるものの六角形の内角である120度です。日本風で言うところの4寸勾配。

私共の建物は、お客様が好きにデザインできる注文住宅とは異なる規格住宅というある一定の枠にはめた建物です。
私共の準備したいくつかのパターンからお客さまが選ぶことになります。そうすると、お客様のセンスよりは、どちらかというと、私共のデザインが優れているか否かで価値が決まってしまうということです。

巨匠の建物をそっくりそのまま真似する事はできませんが、その精神をもってデザインすることはできると思います。
私は、このライトの作品を見て思ったことは、デザインはあるコンセプトで一貫していてこそ価値が見出せるということ。
しかも、それはシンプルだけれど、実生活に溶け込め、なおかつそのデザインは生活や環境に有機的に結合されるものではなくてはならないこと。

限られた予算と敷地面積、さらには延べ床面積の中で、この学びを三次元にどれだけ具現化できるかが私共に与えられた課題であると思いました。こういう事を考え始めると、またまた眠れなくなってしまいますが・・・。








<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。