HOME > 社長ブログ
犬

社長ブログ

70年代・・・

テーマ:社長ブログ
昨日、おもしろいセミナーに参加してきました。
工務店はどこも、「これからはリフォームだと」一生懸命進路をシフト中と聞きます。それは新築需要が落ち込み、これからは国が主導するように中古住宅全盛という市場動向からなのでしょう。
でもなかなかそう上手くはいきません。そこは、大手がうじゃうじゃ進出し、激戦区になっています。

今回参加したセミナーはリフォームの大規模版であるリノベーションです。リノベーションと言うと「新築そっくりさん」などの大規模改築のことです。

ただ、通常のリノベーションは「古いものを新しいものへというのが普通です。
今回出たセミナーは「古いものを小洒落た古いものへ」というリノベーションでした。それも1970年代、ことにアメリカの1970年代の内装、外装を始めインテリア、エクステリアまでそれっぽく作り変えるというスタンス。
言ってみれば、カリフォルニアのサーファーハウスあり、ガレージのつながったガレージハウスありとワクワクするテイストです。ディズニーシーにそのまま持っていったら、しっくり溶け込みそうな雰囲気です。所ジョージさんが似合いそうなテイストです。

こういうのを手がけたら、私などは朝から晩までかかりっきりで、仕事であることを忘れてしまいそうです。
私は年も年ですから、こういうテイストは実際に体験し、見てもきましたので、ちょっと懐かしいといった感じです。
ただ、仕事となるとこれを注文いただかねばなりません。はたして住宅の一次取得者層の20代から30代のお客さんが、このテイストを理解してくれるだろうか、さらには若手の社員がこのテイストのリノベーションをデザインできるだろうかと疑問に思い、質問してみました。

答えは一発でした。「実際に時代を体験してきたオヤジが懐かしいと思う以上に、今の若いお客さんは、これが新しいテイストとして好むんです」とのこと。さらに金言「80%のお客さんが好みそうなものを扱うよりは、残りの20%のお客様に支持していただくものを扱う方が、商売はより大きくなります!!」なるほど、普通を求めない一次取得者層ってことですね。
ハイコスト・ロープライスのコミコミ住宅を数多く売ることだけを目標にしてきた私には、リノベーションの話よりもこの金言のほうが勉強になりました。










<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。


時代を経ても変わらぬ〇屋

テーマ:社長ブログ
6a58c88246effc15c7194a0832eacb69
〇屋の〇の中は質です。
お若い方々は、えっ、何の商売?とか、名前だけは聞いたことがあるといった程度ではないでしょうか。
実は、私も存在を知ってはいましたが、利用したことはありません。
この商い、江戸の昔からあったそうで、現在も明治、大正、昭和初、中期の小説にはよく登場します。

先日、研修で上京した折、ヨット部の同期生の家業を異業種企業訪問ということで訪ねてみました。
このイラスト看板の中にその同期生である社長と社長に請われて転職したもう一人の同期生が居ます。
もう、お分かりですね。白髪頭の二人です。(笑)
両君とも名うての470(ヨンナナマル)セーラーでした。しかも超有名な進学校や付属高校出身です。

質屋は胡散臭く聞こえるかもしれませんが、立派な庶民金融です。
いわゆるサラ金や町金といわれる金融業者とは一線を化しているのだそうで、もちろん住宅ローンなどに比べたら法外?な金利を取るのでしょうけど、質屋は「質草」と言われる何らかの「借金のかた」を客から預かります。
これがいわゆる抵当、担保です。その品物を値踏みして、融資金額が決定され、それに利息をつけて返済したときに、その「質草」も返還されるという極めて庶民感覚の金融です。

その「質草」、それをキープしてもらえる期間は3ヶ月間。つまりは貸し出し期間も3ヶ月。その期日を過ぎて返済がないとその「質ぐさ」は「質流れ」と言って、質屋の流通システムによって現金化され、貸し出し金額の弁済に当てられます。つまりは抵当権実行。
これで、貸し借りの契約関係は、文句なしの終了で、借りたお金も返す必要がなくなります。いたってシンプルでクリーン。
もちろん質屋は「質流れ」のリスクを勘案してその処分価格と金利踏み倒し分を計算して、貸し出す金額(買取金額)を決めているのも当然です。

ちなみに、前述の金利ですが、住宅ローンは金利の良いところだと年利1%を割っています。質屋は質屋営業法や古物営業法で管理されており、その上限金利は9%。出資法などで規定されているカードローンやフリーローンなどは金利上限年利20%です。なんか、質屋の方が質草を預けているだけ金利が安いなぁと思うでしょうが、質屋の金利9%は月利です。年利に直すと109.5%。1年に直すと借りたお金の倍以上の金利支払いになるということです。

その友人のお店で、カウンターの陰でその仕事ぶりを見ていました。手にはマイルーペで、差し出された質草の指輪の傷を調べたり、ダイヤの色みを見たり、刻印を確認したり、グラムを測ったりと、手際よく進め、貸し出しまでわずか10分。
市場価格が分からないものは、Yahooオークションの業者向けサイトで即座にチェックと「足元を見ながらの査定」ではなくなってました。

この頃は、夏になると冬物を預け、冬になると夏物を預けるというクローゼット代わりに利用する方もいるとか。さらには、クレジットカードを使って限度額いっぱいブランド時計や商品券を買って、質屋に預けて金を借り、当座の資金調達に当てるという事業主もおられるとか。

いやはや、知らない業種のことを知るというのは、面白いものです。
何か、ものの見方も変わってくるものですし、時として人生観も変わってしまうほど衝撃的です
実は私、異業種の方のお話を聞くのが趣味なんです。そこは宝石箱のような珠玉のビジネスヒントがてんこ盛りです。









<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。

お陰さまで新社屋完成一周年記念「夢まつり」

テーマ:社長ブログ
1d108034b5b76a8a6c3402730197093e
お陰さまで、弊社の新社屋が完成してから、無事一年が過ぎ、本日と明日は「夢祭り」と題して、地域の皆様や天童市の皆様をお迎えして、お祭りを開催しています。
あっという間の一年でしたが、泣き笑いで色々な事がありました。
でも、つまづいても転んでも前に進みさえすれば、目的地に早くたどり着けると信じ、転んでもすぐに立ち上がり、歩きながら転んだ原因を追究し、走りながら手当てして進んできた一年でした。この頃は少しづつ気持ちにも余裕が出てきました。
二年目からは本領発揮です。暖機運転していた初年度の分までガンガン行きます。
95e8de23713363eb439bb4b98f2b2b03
ヨットマンの会社らしく、祝い事には国際信号旗を全て揚げて、満艦飾です。子供さんたちのインスタ映えする写真を撮ってい頂こうと、徳良湖ヨット倶楽部から、子供用のヨットやカナディアンカヌーを持ってきました。あわよくば、ジュニアヨット教室やB&Gの宣伝と教室生も一本釣り!!
d1c6134266d460d19924cfcc6c715f0d
毎日、日の丸を掲揚しているので、あの会社は右翼か?などと言われているらしいですが、とんでもない!!山形県セーリング連盟の副会長を務めるジェントルマンが社長の会社です。
61c802c8efeae8ba200f5f8703f43313
焼きそばやらどんどん焼き、カキ氷などなど食べ物も縁日風、ヨーヨー釣りやスーパーボウルすくい、トイレトペーパー積みなど面白イベントも満載です。お近くの皆様是非、遊びに来て下さいね。

巡礼

テーマ:社長ブログ
794e3d901e7b5dfab49653a6d490a5182
山形県には霊場と言われるところが、置賜、最上、庄内と三箇所あります。
それぞれ観音様を祀っているお寺を順に回るというのが巡礼、あるいは札打ちといわれるものです。
こういう巡礼などと聞くとお年寄りの宗教行事かと思ってました。
しかし、私も今年で還暦でもありますし、そろそろ万病発症のお年頃でもあります。

死後、地獄へ落ちるよりは極楽浄土で綺麗な天女に囲まれて過ごしたいもの。
このミッションをクリアすればと思い立ち、ネットで色々と調べてみました。そうしたところ、効率的に回るには専門のドライバーが一緒に行ってくれるツアーに参加するのがベストとということが分かりました。

ということで、今年、御開帳の庄内三十三観音を巡るべく、家内とともにY旅行社の一拍二日弾丸巡礼ツアーに参加してきました。
二日間で回りに回って首番、番外のお寺を入れて三十五寺を一気に回り、ミッション・コンプリーテッド。
どうにかすべてのお寺のご朱印を頂き、結願証を頂戴しました。
ただ、短時間で回ったので、どれがどのお寺さんだったのかがよく思い出せないのが玉に瑕。

幸い私は毎朝のお勤めが功を奏し、般若心経を読み、真言を唱えることができましたので、ツアー参加者の中では一番観音様にお近づきできたのではないかと自負しています。
観音菩薩は人々の苦しみを聞き届け、救いを与えて下さると言われます。
私も沢山沢山の苦しみを抱えています。きっとお救い下さると期待せずにはおられません。
もっとも、日ごろの精進が大切なのでしょうけど・・・。









<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。


お礼状

テーマ:社長ブログ
ec077696aed1635889cb136cad92dbfe1
この年になると、結婚式のご招待よりは、葬儀のご通知が多くなりました。
幸い、仲間内や知人の葬儀はほとんどないのですが、その方々のご両親の葬儀と言うことになります。
村山地方は真宗が多いのかと思いきや、参列した葬儀はほとんどが曹洞宗でした。

さて、先日業界でお世話になっている方のご母堂様が天寿を全うして大往生され、ご葬儀が執り行われました。
もちろん私も参列したのですが、こちらも例に漏れず曹洞宗。聞きなれた読経がながれ、1時間の葬儀が終わり、帰社してその礼状を見て「ほほ~!!」と感心しました。

通常は葬儀の礼状といえば、通り一遍の参列への御礼の言葉が連なっているものですが、今回頂戴したお礼状は、まさに喪主の自らの言葉で参列者へ丁寧で語りかけるような文面になっていました。妙にホッコリしてしまいました。
葬儀といえば喪主やご遺族は慣れない準備でバタバタしてしまうものでしょうが、礼状一つにもこのように細やかな気配りをされていることに驚きました。

ご両親の葬儀となれば、故人には全くお会いしたこともなく、遺影に向かって焼香するだけとなるのが普通で、喪主挨拶で初めて故人の人となりを知ることとなります。しかしながら、このようなお礼状を拝読するにつけ、故人の生き様がどのようであったのかを知ることができました。まさに故人に代わっての参列御礼であると思います。やはり、人は最期が肝心、有終の美、まさにここに極まりぬと言ったところではないでしょうか。








<PR>
私たちは、子育てファミリーを応援するため、不明瞭な建物価格を「何から何まで、すべてコミコミ」という
販売方法を開発しました。しかも、使用しなかった費用はそこからどんどん引いていく減額方式です。
これは世界で私共だけのシステムと自負しています。
ただ、残念ながらマンパワー上の制約で、現在新築戸建住宅を建築できるのは、
上山市、山形市、山辺町、中山町、天童市、
寒河江市、河北町、東根市、村山市、尾花沢市
までとさせていただいております。